台南唯一?のメイド喫茶 末広町女僕咖啡館に行ったった(2018 台南)

台南唯一?のメイド喫茶 末広町女僕咖啡館に行ったった(2018 台南)

高雄でメイド喫茶行きそびれたから というわけでもないけど
徒歩圏内なので台南のメイド喫茶に行ってみたー。
その名は 末広町女僕咖啡館。

入り口にガチャが沢山ならんでます。

平日は100元、休日は200元 を最低限使ってくださいシステムのようです。

メニューが表にも設置されてるので

金額載ってるページを

片っ端から撮影してきました。 
アルコール類は置いてない模様。

十分に時間をかけて漢字を頼りにメニューを解読し吟味、オーダーする品を決定してから入店w

 


おお…( ゚д゚)

メイドさんはメイドコスプレではなく
働く細胞コスで登場。

日本人だとわかると、メニューの大まかな説明を片言の日本語と英語などをまじえて
一生懸命説明してくれて
それだけ嬉しくて(*´ェ`*)って感じになったわー。
(店頭ですでに注文するもの決めてきてたのにね)

このお店の場所
もともとは
1階が「海軍カレーの店」(?)
2階がこのメイド喫茶だったらしく
それの名残?なのかカレーメニューが充実してたので
気になってカレーを注文しました。

帝国御用咖哩套餐 200元

萌々咖哩猪排飯套餐 260元

海軍カレーセット

萌え萌えカツカレーセット
みたいな感じでしょうか。


「套餐」が 定食とかセットという意味だとはしらなかったので
最初にパンが出てきてちょっと驚きw

一つはクリームパンでした。

次いでドリンクとスープ。
ドリンクはティーチョイスしましたが最初から甘かったです(予想通りw)

きたー。
でっかく「萌」(笑)
これはカツカレーで 帝国御用カレーは単にカツ抜き版(と旗抜きw)だった感じ。


店内の様子。

やはり ヲタ な感じ。


お店で飼ってるのかな(・∀・)ネコたんがいました。

あ、そうそう
カレーセットはすべて出そろうまで かなーり時間がかかりました。
スタッフの人数やらで たまたまかもしれませんが。
(ちなみに土曜日の昼頃でした)

実は入店前から割とお腹いっぱいだったので
ゆっくりカレーがでてくれて かえって助かりましたが
さっと飲食すませ30分位で撤収しよう、という計画の場合は
食べ物はオーダーしないほうが無難かもしれません。

もともと1階がカレー屋 2階がメイドカフェだったようだ
と書きましたが
現在1階2階とも客が利用できるスペースとしてのメイドカフェなのかは不明でした。
というのは2階にいって調理して1階に運んできてるようでしたので
2階もこのお店なのは間違いなさそうでしたが
お客さん入ってきて1階の席が結構埋まってきても2階に案内することはなく
たとえば 4人席を2人で利用してるお客さんのテーブルに
あとから来た二人を相席させたりしてたからです。

だとするとキャパはかなり少なそうです。
10名も入れないかもです。

混んでる時に中国語が全く話せないシンタカが一人で入店するかといわれると
ちょっと尻込みしますね。

有料チェキなどの説明や売り込みもなかったので
お金出せばメイドさんと絡める、ってわけでもなさそうでしたw

放置でも一向にかまわんッッ!台南のアキバ系サブカル空気に触れたいんだよぉ!
ということなら十分に行く価値あると思います。