2018 台南 2日目③

2018 台南 2日目③

一旦、ホテルに帰って お土産などを置きつつ休憩して 夕飯散策へ。
赤崁楼
午前中も前を通過した赤崁楼。やはり入場せず。

度小月担仔面

その赤崁楼のすぐお隣りにある、担仔面のお店。

看板と同じカラーリング、
白赤黄を基調としたジャージがユニフォームのスタッフがお出迎え
(ウソ)

ドンブリにドーンという感じではなくサクッと食べ終えることの出来るサイズ。
担仔麺
タンツーメン とかいうと担々麺みたいに辛いのを連想してたんですが
全然辛くはなくサッパリおいしかったです。

トイレは、店員さんに鍵をかりて使わせてもらうシステム。

信安按摩 台南三店

結構二日間で歩いたよねー ということで23:00までやってるマッサージ店へ。
盲目の方が施術してくれる施設です。
台湾の全国チェーンだそうですが台南にはここだけのようでした。

日本語が少し出来る按摩師さんがいて利用しやすかったです。
目が見えないはずなのに入ってきて中国語喋らず「えーっと…」とかつぶやいてる感じとかで
日本人と察してるようでした。

歩き疲れた、ということで下半身300元コースを選択。

結構、ガタイのいいおじさんが担当してくれましたが、力が強すぎるといったこともなく
気持ちの良い施術してくれました。

トイレもかしてくれます。2階にありました。

信燒烤

マッサージ後、また散策しながら


2軒目の飲食はここに入ることに。


チョイスの理由はハイこちら。
バドガール
やっぱり…せっかくですから…ねぇ
バドガール
バドワイザーと同じ赤白を基調としたジャージがユニフォームのバドスタッフも
ご挨拶におとずれました。
(ウソ)

しかしバドガール様は僕らにビール持ってきてくれた後は勤務時間が終了してようでお帰りあそばされた…

いわゆる焼き鳥屋さんかな。

日式ですね。

かなり日式。

建物内とボーダレスでつながってる屋根付きテラス席あり。大人数のグループはここでワイワイしてました。

廸諾歓楽世界

シンタカの泊まったホテルが入ってるビル
市内中心部にしては結構大きな面積があり様々な娯楽施設がはいってるようだったのですが
ゲーセンもあるので覗いてみました。


時刻は日付変わって深夜0時半ごろ。

人はまばらですが、対戦台ではまだまだ熱くプレーしてる人たちも。

古いゲーム多かったような。

あたらしそうなのも。

ゲーセン全然いかなくなったのでどれくらいの新しさ古さなのかもうわかりません。。

缶ビールの持ち込みが!

ワンプレーの値段が気になるところですが

どうも直接筐体に小銭を入れるのではなく
一旦、コインに交換してそのコインを入れてプレーするシステムのようでした。
10元いれて4コインでてくるようです。

で、新旧あまり関係なく1プレイ2コイン必要な台がほとんどだった気がします。
つまり (10元 ÷ 4)× 2 = 5元
1プレイ20円弱ってことですね。


ちなみにゲーセンの上のフロア、2階には亜力士(Aileex)という
ビリヤード施設があります。

2~3時間あそんで約900円ちょっとで(ワンドリンク付き)ってことでしょうかね。

もはやゲーセンのゲームもビリヤードも国内外かかわらず
プレーしないシンタカであった。。