2014 プノンペン 2日目①

2014 プノンペン 2日目①

さて
プノンペンにつきました。

今回のカンボジア旅行は
前回のバンコク旅行で知り合ったある会社のオーナーさんとその友達の
ビジネスに結びつく現地視察旅行、にのっかる
というスタンスで
カンボジア内での全員での行動プランは完全にお任せになっており
当時はSIMフリー端末も所持しておらずそのへんの知識もほとんどかったせいで
どのへんを移動してどんな店に行ったのかわからないことも多々。

プノンペン国際空港

想像してたよりこじんまりとした空港、という印象。
ビザ申請、事前にはしてなかったけど当日空港で購入OKでした。
そんなにも混んでもいなかったけどたまたまそうだったかもしれない。
ツアーとかで時間がタイトに決められてる場合は入国前に日本でビザの手続き強制されるようでした。
つい1週間くらい前(2018年9月ごろ)に知人からカンボジアの電子ビザの申請で相談がきてて
(旅行会社に手数料払って代行申請してもらったほうがいいか自分でネットで手続き頑張ってみるか)
シンタカは当日空港でやったけど?と答えるとツアーだと勝手が違うようで。
プノンペン国際空港
小さいけど
2014年時点でプリペイドSIMもちゃんと売ってるようでした。
SIMカード売り場ブース
Dairy Queen!懐かしい。
プノンペン空港 Dairy Queen
入国時は写真だけ撮りましたが
出国前に頂きました!
Dairy Queen アイスクリーム
カンボジア内では8人旅行の大所帯
ツアー以外でこんな人数で海外旅行したの後にも先にも初めてだと思う。
スーツケース8つ
スーツケース8つ積んでなおドライバー含め10人くらい乗れるバンに乗り込む。
現地人の日本語も少し喋れるドライバー(視察主催者社長の社員?)つきで安心。
バンにスーツケース積み込む

 

名目?視察旅行

ちょっとクルマが停車するとプノンペン市内でも
物売りがやってくる感じでした。
物売りに群がられるバン
ちょっと中心部離れると
未舗装の道路が続く。
未舗装道路
しかし
ものすごい勢いで舗装工事すすめてる感じもありまくり。
今頃だいぶ変化してるんだろーなー。
舗装中?道路
運転こわすぎ…。
ここ4,5年で廻った東南アジア タイ、ベトナム、マレーシア、香港、台湾、マカオ、インドネシアのなかで
ダントツに怖かったです。
20年以上前にスリランカに行ったときのレベル。常に命の危険を感じるw

どっかの田畑視察…

恐怖のドライブをプノンペンから2時間…
田畑
どこあたりだったのか
当時海外用スマホもないしアナログなマップすらみてなかったのでサッパリわかりません(笑)
農機具
このへん社長の土地らしい…
(社長の本業は農業とは全然関係ない分野)
田畑パノラマ

水たまり農地
足元泥だらけw
スニーカー泥だらけ
農作業休憩所でニワトリ飼ってました。のどかー。
農地のニワトリ

どっかのレストランで昼食

VINASUN Re…と見切れてるのでビナサンレストランなのかな??とも思ったけど…
検索にひっかからず残念ながら特定不能。
DEPOT TELA という名前の廃業中なのか開業前なのかわからない人気のないガソリンスタンドがお隣でした。
ビナサンレストラン?
ビナサン、といえばベトナムのビナサンタクシーを連想するけど何か関係あるのかも。
食事中
いただきます。
フード
このあたりの地域の雰囲気からすると比較的清潔感があって
なかなか美味しかったです。
お好み焼き的な料理
苦瓜入かな?
全員写真

どっかの工場視察…

社長いわく「ちっさな工場なんだけどね~」
いやいや…工場持ってるってなんなんだよ。。
( ゚д゚)ポカーン
工場内
つい先週(2018年9月)久しぶりにこの社長がシンタカの地元に来てたので
会ってきたんだけど なんか 最近はベトナムに学校つくったらしい…。
(社長の本業は学校とは全然関係ない分野)
工場内
工場敷地のゲートゲート
ここからまた2時間かけて恐怖のドライブしながらプノンペンに戻ったけど
社長、バンの助手席でグースカ寝てた…。一番恐怖を感じるポジションだと思うんだけどw
居眠り
シンタカはかなり睡眠不足だったけど
この往復4時間の移動中は一睡もできませんでした。
(;・∀・)
どれくらい怖いかという一例をあげると
カーブの先が見通せない1車線同士の道路で
前のクルマ追い抜くために対向車線にはみ出すんだよ?
それを1回や2回なんてもんじゃなく何度も何度もw
対向車きたらどうするつもりだったんだろう…今でも謎。